お金借りるキャッシングとローン

お金借りる方法としてはローンとキャッシングがあります。

この二つは、もともとは異なるものだったのですが、現在ではその区別があいまいになってきています。

ローンとは、ある程度の大きな金額を借りて、それを月々返済していくという性質のものです。

代表例が住宅ローンです。

住宅ローンでは大きな資金を借りて、数十年にわたって返済をしていくことになります。

これに対してキャッシングというのは小額の資金を短期間だけ借りるというのがもともとの目的です。

ですから、金利は高めに設定されているのです。

このような違いがあるのですが、キャッシングにいろいろな金融機関が参入することによって、サービスが充実してきています。

特に金利が低くなってきたというのは最近の傾向だといえるでしょう。

キャッシングの金利は借りる人の信用力によって異なるのですが、低い人の場合には、ローンを利用するくらいの低金利で融資を受けることができるようになってきたのです。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年8月 8日 14:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「やっぱり見た目は大切 」です。

次のブログ記事は「勝率が全く動かないほどやりこんだ私っていったい・・・(汗)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。